気になる情報

紙やすりとアルコールを使った本のクリーニング方法

      2016/08/07

自宅の本棚に保管していた本が
古くなったり、あるいは古本屋で
買ってきた古本が黄ばんでいたり
汚れが付いていたりした場合、

なんとか自分できれいにする方法は
ないものだろうかと考えるわけですが、
そのようなときに便利なものが
紙やすりとアルコールです。


スポンサードリンク


紙やすりでヤケと黄ばみを落とす

この紙やすりなどを
使用することによって、
簡単なクリーニング方法が
実践できます。

そのクリーニング方法とは、まず、
本のヤケや黄ばみを取るためには、

その部分をこすって落とす
ということが肝心ですので、
紙やすりを使います。




このとき注意しなければ
ならないことは、双方向に紙やすりを
動かしてこすりますと、

紙がボロボロになってしまいますので、
一方向にこするということを
心がけるということです。

一方向にゆっくりと、
繰りかえしこすることによって、
本の表面のヤケや黄ばみが
こすり落ちてきれいになるわけです。

 

アルコールで表紙をきれいにする

次に、アルコールを使用する
クリーニング方法ですが、
この場合にも注意することがあります。


それは、アルコールを使用する部分は、
ツルツルとした紙の表面
でしか使えませんので、

ツルツルとした本の表紙にしか
使用することができない
ということです。

 

ページの部分はザラザラした
紙質のものが多いですから、

このクリーニング方法は
適しませんので
気をつけるようにしましょう。




まず、アルコールをやわらかい布に
ふくんで、その布で表紙を
ていねいに拭いていきます。

そうしますと、表紙に付いていた
汚れが拭き取られていきますので、
そのようにして繰りかえし
拭いていきます。

この場合も強くこすらないように
気をつけることが肝心です。

 

ゆっくり拭いても汚れが落ちますので、
まんべんなく拭くことが
ポイントになります。

このようにして、古くなったり
汚れたりしている本を、
きれいにするクリーニング方法は
存在していますので、

いちど試してみると良いでしょう。

 

このときに用意するものは、
紙やすりとアルコールが
いちばん適しているわけですが、

もし自宅にない場合でも、
ホームセンターなどに行けば、
手頃な値段で販売されていますので、

誰でも簡単に購入することが
できるようになっています。


 

まとめ

実際にクリーニングをする際に、
やすりでこする場合は、
くずが落ちる場合がありますので、
床などに新聞紙を敷いておけば、

後かたづけが簡単になりますので
おすすめです。

 

いずれの場合でも、とくに手間や
技術などは必要ありませんので、
時間がある時にきれいに
することをおすすめします。

スポンサードリンク

 - 生活のコツ , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
「今食べている食事の量」が多すぎないかを確認する方法 07.27 09:46 gettyimages

「今食べている食事の量」が多すぎないかを確認する方法 – LINE …

電卓の使い方 msやmrなどメモリー機能を覚える。 

日ごろから仕事や勉強などで電卓を 使う機会があると思いますが、 数字の上部に付い …

テフロン製フライパンに付いた焦げの落とし方の正しい方法

フライパンを使用して料理を した際に、焦げが付着 することがあります。 とくに、 …