気になる情報

東京マラソンに参加する初心者の服装はファッショナブルで機能的なものを選ぶ

      2016/08/07

あるデータによると東京マラソンの参加者は
年々増加しているとされています。

健康の為にマラソンしている方は大勢いらっしゃいますし、
記念として東京マラソンに参加する方もいらっしゃいます。


 
たくさんの応援者がいますしテレビでの中継や
ニュースに流れる事もありますので、
様々な方がそれぞれの理由で参加しています。

しかし、初心者の方が東京マラソンに
参加する際に迷うのが当日の服装になります。


 
例えばマラソンに初めて挑戦する場合には、
とにかく走りやすい服装が重要なポイントになりますし、
記念に参加する場合には比較的目立つ格好で走ったりもします。

 

スポンサードリンク


こんな恰好はやめておけ!避けた方がいいファッション

実際に過去の映像などを見てみると、
参加者は思い思いの格好で走っています。


中には仮装して走っている方もいらっしゃいますが、
これは初心者の方は避けた方が良いと言えます。

 
なぜならば、記念に参加するとしても
完走する事が重要になるからです。


普通に走っただけでも疲労するのに、
大きな飾りがついていたり色々と付属物がついていると
余計な体力を消耗してしまいます。

 
そうなると完走する事が難しくなりますので、
記念に参加するつもりが苦い思い出になってしまう可能性があります。

なので、初心者の方はファッショナブルで
機能的な服装が良いとされています。


ある程度ファッショナブルな格好は目立ちますし、
機能的な物は完走のサポートになります。

 

初心者におすすめの服装

まずは上半身ですが、
Tシャツが最重要ポイントになります。


例えばインナーに吸水性と速乾性の高いものを着用し、
アウターに自分の気に入っている物を着れば
ファッションと機能が両立できます。


 
また、アームカバーも大きなポイントになっています。

暑くなったら簡単に外せますし、汗を吸収させることもできます。
さらにTシャツで個性を出すのが難しい場合には、
アームカバーを派手な物にすれば個性が出せます。


 
次に下半身ですが、こちらはロングタイツが良いとされています。

東京マラソンは寒い時期に開催されますので、
足首までカバーできるロングタイツを着用する事が
初心者には適しているとされています。

 
またロングタイツは保温効果も高いのですが、
関節のサポートや疲労回復効果の機能があるとされています。

 
なので一層初心者には着用が推奨されています。

このようにただ走るだけではなく服装によって
個性を出したりする事も東京マラソンの楽しみの一つになっていますので、
ファッショナブルで機能的な服装で走る事が重要になっていると言えます。

スポンサードリンク

 - ちょっとした疑問 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

実印と認印と銀行印の違い

ただハンコ、それだけなら話しは簡単なのですけどね。 私達の生活には、いろいろなシ …

no image
阿蘇に新たな活断層か 京大教授ら、25キロの地割れも 06.04 16:17西日本新聞

阿蘇に新たな活断層か 京大教授ら、25キロの地割れも (西日本新聞) &#821 …

感謝の気持ちを伝える事が大事、習い事を辞める場合のお礼とは?

習い事を辞める時に必要な事 ずっと続けてきた習い事を辞める事になったら 何をすれ …

孫から祖父母に贈る米寿のプレゼントは何がいいか

祖父母が88歳になったときのお祝いとして、 米寿があります。   祖父 …

入学祝いをお返しする時期はいつ?失礼にならないお礼の方法

お子様が学校に通われるようになると、 お祝いを様々な方から頂くと思いますが、 お …

集中力を高めるのに効果的な食べ物と飲み物を調べてみた!

試験勉強や急ぎの仕事など、 集中したいけど集中力が続かない、 そんな事はありませ …

no image
MEGA地震予測 南関東が初の最高警戒レベル5へ 08.02 20:00NEWSポストセブン

MEGA地震予測 南関東が初の最高警戒レベル5へ (NEWSポストセブン) &# …

家計簿の基本的な書き方、おすすめのノートを使って簡単に家計管理

年末年始の時期になると、 カレンダーと一緒に翌年の家計簿が売り出されます。 家計 …

簡単には割れないシャボン玉の作り方は?

子供の頃、天気の良い青空の下で、 キラキラと光り輝く虹色のシャボン玉を 作っては …

男はどっちに行く?床屋さんと美容室の違い

最近では男性でも美容室に行く人が 増えているということですが、 そもそも床屋さん …