気になる情報

睡眠時間が3時間でも大丈夫なのか。仕事に支障が出ない睡眠時間とは。

      2016/06/26

忙しいという理由から、
なかなか十分な睡眠時間が
取れないという方もいるでしょう。

例えば、毎日3時間程度しか睡眠時間が取れていない場合、
仕事には悪影響が現れてしまうのでしょうか。


寝ている時間が無駄に感じてしまうといった理由から
できるだけ睡眠時間を短くしている方もいるようです。

ですが、それで仕事に悪影響を
与えてしまっては意味がありませんよね。


そこで、3時間睡眠でも大丈夫なのか、
仕事に支障を与えない睡眠時間は
どれくらいなのかということについてご紹介します。

スポンサードリンク




睡眠時間は3時間でも大丈夫?

一般的に、適切な睡眠時間というのは
6時間半~8時間くらいと言われています。


ここから考えても3時間というのは
かなり短いですよね。

結論からいってしまうと、
3時間程度の睡眠でも大丈夫な人もいれば、
そうではない方もいます。


これは、生活習慣などによって決まるのではなく、
遺伝子が深く関係しているため、
短時間の睡眠で足りるかどうかというのは
遺伝子が関わっているわけですね。

人によって必要な睡眠時間は全く違うので、
知り合いが毎日3時間睡眠だと聞いたからといって、
それを真似した際に自分も大丈夫だとは限りません。

実際に3時間睡眠で過ごしてみて
どうしても眠気が取り除けない、
日中にボーっとしてしまうといった状態になる場合は、
3時間睡眠では足りないと判断した方が良いですね。


また、日中の過ごし方によっても
どれくらい睡眠時間が必要かというのが変わってきます。

例えば、日中体を使って忙しく動き回っている人に比べると、
デスクワークをしている方や体力を使わない方のほうが
睡眠時間を短くを抑えることができるでしょう。

睡眠というのは体の疲れを取るための行動でもあるため、
日中の疲れがひどい方は睡眠時間もしっかり取らなければなりません。


無理をして睡眠時間を短くしてしまうと体調を崩したり、
免疫力の低下に繋がってしまうこともあるので気をつけましょう。




仕事に支障が出ない睡眠時間とは?

これも、人によって全く違います。

3時間睡眠ではなく、5時間睡眠であれば
間に合うという人もいますし、
7時間しっかり寝なければ仕事に支障が
出てしまうという方もいるのです。


できるだけ睡眠時間を短くしたいと
思っているのであれば、
睡眠の質をアップさせることについて
検討してみると良いでしょう。


例えば、眠る直前までテレビを見ていたり、
スマホを操作していると睡眠の質が悪くなってしまいます。

そういったケースでは、
本来ならば6時間睡眠で十分な方でも7時間以上寝なければ
眠気が取れないという状態になってしまうのです。

ただ、たくさん寝れば寝るほど良いのかというとそうではありません。

寝すぎてしまうことも体調崩す原因になりがちなので注意しましょう。

例えば、6時間睡眠で十分な人が
8時間寝てしまった場合、
起きた時にひどい眠気を感じてしまうこともあるのです。

寝れば寝るほど眠くなってしまうという経験はないでしょうか。

寝過ぎるということも体にとても負担になってしまうので、
寝すぎないように注意したいですね。

自分にとって最適な睡眠時間を確認するためには、
日によって睡眠時間を変えてみるというのもおすすめです。


睡眠は一生付き合っていくものでもあるため、
最適な睡眠時間を確認してみましょう。

スポンサードリンク

 - 不眠 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

眠いけど眠れないのは何が原因?スマホやPCのブルーライト?

スマホが登場してから、 私たちの暮らしはずいぶん変わりましたね。 どこでも・いつ …