気になる情報

子供の鼻水が気になる時にオススメ、簡単に鼻水を止める方法

      2016/06/27

子供は大人に比べて鼻水が出やすい

 
子供はすぐ鼻水が出る
イメージがありませんか?
これは、抵抗力が大人に比べて
少ないのが原因です。


 
風邪などの病原菌が体に入ってきた時、
大人なら何でもない場合でも、
子供にとっては一大事。

 
できるだけ早く悪い菌を外に出して、
病気を予防しようとするので、
鼻水が出やすいのです。

また、粘膜も弱いので、少しの乾燥で
鼻水が出てしまう事もあります。


スポンサードリンク



 

鼻水に効果のあるグッズ

 
基本的に鼻水は体に入ってきた異物を
外に出すために分泌されます。

つまり、止めることよりも、全部出し切って
すっきりさせてあげるのが
一番の治療と言えます。


 
自分で鼻をかめない幼児でしたら、
鼻吸い機がおすすめです。

すこしコツがつかめば
面白いように吸い出せます。


 
注意点としては、
鼻を完全にふさいでしまわない事、
完全にふさいでしまうと
中耳炎を発症してしまう危険があります。

 
もう一つはあまり強く吸い過ぎない事です。

大人では平気でも、
乳幼児にはかなりの負担や
痛みを感じる事があるので、
優しく吸い出してあげましょう。

 

一時的に鼻水を止める方法

 
食事や、睡眠時の鼻水は
なかなか対処が難しいと思います。

 
ずっと付きっ切りで
吸い続ける訳にもいきませんので、
一時的に鼻水を止める方法を
調べてみました。

 
手軽にできる対処法として、
鼻水を止めるツボを
温めてあげると良いそうです。


眉間と首のうしろ、
鼻の横にあるツボに
刺激を与えると少しの間
鼻水が大人しくなります。


 
どこか一か所でも効果があるので、
お子様が嫌がらない場所で行ってください。



 

鼻水でかぶれた時には

 
鼻の穴の周りが赤くかぶれてしまった時には、
白色ワセリンを塗ってあげると効果的です。


 
乳幼児にもほぼ問題なく使えますが、
気になる場合には
高純度の製品を選ぶと良いでしょう。

 
鼻水以外にも、色々利用できるので、
一本常備しておくと便利です。

育児で疲れたお母さまの
手荒れにも効果があります。

 

無理に止める前に病院で原因を探そう

 
鼻水だけで病院にかかるのは
大げさに感じるかもしれませんが、
悪化すれば別の病気になる可能性も。

 
代表的な病気として、
中耳炎や副鼻腔炎がありまずが、
最悪手術することになるので、
注意が必要です。


 
もしかしたら、風邪のせいではなく、
アレルギーが原因という事も考えられます。

少し珍しい原因では、鼻の穴が狭く、
炎症を起こしやすい体質という事も。


 
めったにない話ですが、
鼻の奥に腫瘍が出来ていた
なんて怖い話もあるので、
気になったらすぐ
病院で検査してもらいましょう。


 



 

スポンサードリンク

 - 育児 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

母子家庭・父子家庭の手当は実家暮らしでももらえるものなのか。

ひとり親の子育て、みなさんの悩みはなんですか? 我が家も母子家庭ですが、 とにか …

妊娠の初期症状ってどんな感じ?また、いつから初期症状は分かるのか。

妊娠をしたからといって、 すぐに初期症状が現れるわけではありません。 初期症状が …