気になる情報

アトピーを自力で治すなら何をしたらいいのか。正しいシャンプー選び方から生活の仕方までまとめ。

      2016/06/27

痒みが強い湿疹である、アトピー性皮膚炎。

日本全国で悩む人は、
少なくとも日本国民のおよそ1割〜2割。

およそ35万人から40万人弱の患者が存在している、
というデータがあります。

やっかいなのは、良くなったと思ったら、
また悪くなったり・・・
慢性的に繰り返すことです。

昔は、幼少期に発症したアトピー性皮膚炎は
成人すればほとんどの場合は治る
と言われていましたが、

現在では、成人しても完治しない場合や、
完治後、成人してから再発する場合もあります。

そして、昨今増えているのは、
ある日突然、前触れなく、
成人に発症するアトピー性皮膚炎です。


ひとつの原因として、
シャンプーに含まれている
化学成分が影響している可能性がある

ことがわかってきました。

では、詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク



成人が発症する、アトピー性皮膚炎とは

全身が猛烈に痒くなる、アトピー性皮膚炎。

顔、耳、手足の関節などに湿疹があらわれ、
中には夜眠れないほどの
痒みに悩まされる場合もあります。

幼少期に発症するアトピー性皮膚炎の多くは、
遺伝的要素と、食品アレルギーを
要因としています。

対して、成人が突然発症する
アトピー性皮膚炎とは、
どんな要因があるのでしょうか。


以下、さまざまな要因が考えられます。

まず第一に、遺伝的要素があります。

幼少期に発症しなかった人が、
成人になって、突然発症することがあります。

さらに、添加物やアレルギー成分が
多く含まれた不健康な食事
ダニ・ハウスダスト、ペット、
花粉症などによる不衛生な環境
運動不足や加齢などによる免疫力の低下など。

思い当たる要因がいくつかありませんか?


そして、昨今注目されているのは、
シャンプーに含まれる化学成分を要因とした
アトピー性皮膚炎です。


有害な化学成分を幼少期から成人まで、
長期的に使い続けたことにより、
頭皮や顔、身体全体に限界が生じ、
アレルギー反応が出ることがあるのです。

よく考えたら、すでにアトピー性皮膚炎の人は、
普通に市販されているシャンプーを使っていませんよね?

頭皮にやさしいアトピー性皮膚炎専用の
シャンプーを使っているハズです。

その理由を考えると、恐ろしくなります・・・




アトピー性皮膚炎が緩和する、シャンプー選び

アトピー性皮膚炎の症状が出ていない時も、
シャンプー選びを気をつけると、
将来的な発症を防ぐことができます。

また、すでにアトピー性皮膚炎を
発症している場合は、
トラブルを緩和することが可能です。

成分で、最も注意しなくてはならないのは、
「合成界面活性剤」の存在です。


「合成界面活性剤」は、泡立ちがよく、価格も安価なため、
メーカーにとっては欠かせないもの。

しかし、肌にとっては、刺激が強く
毒性があるものもあります。

特に、「合成界面活性剤」の中でも、
ラウレス硫酸Naもしくは、ラウリル硫酸Naは、
刺激が強いとされています。

まずは、あなたがお使いのシャンプーの
成分表を確認することからはじめましょう。


万が一、肌に合わないシャンプーはすぐに使用をストップし、
アトピー性皮膚炎や敏感肌専用の別のシャンプーを試したり、
いっそ、すべてやめてしまう、という考え方もあります。

事実、セレブを中心に、
シャンプーを使わないでお湯だけで洗う
ノンプー(ノンシャンプー)推奨者が増えています。


ノンプーは、最初はごわついたり、
髪の毛がベタベタしたり、不快感もあります。

しかし、こういった現象が起きるのは、
合成洗剤により、頭皮の皮膚膜が必要以上にはがれており、
保湿機能が損なわれて極度に乾燥しているためなんです。

思いきってシャンプーをやめることで、
頭皮は徐々に改善されていきます。

抜け毛や薄毛、白髪を改善するなど、
ノンプーによるその他の効果も注目されています。

その他、成人のアトピー性皮膚炎の改善方法

シャンプー以外にも、
あなたの毎日の暮らしの中で、
改善できる方法があります。

食生活を見直そう
手軽だからという理由で、
市販されている出来合いの食品や、
インスタント食品ばかり、食べていませんか?
気になるのは、食品添加物です。

さらに脂っこいものや、甘いものなど
が大好きな人も要注意です。

アレルギーに打ち勝つ免疫力は、
栄養バランスのとれた食事で
高めることができます。

ストレス発散
ストレスは、心身に影響を与えます。

かといって、感じないようにするのは
物理的には無理がありますね。

あなたがストレスを発散できる方法を見つけましょう。

ただし、たとえストレスが発散できても、
過食やギャンブル、買い物のしすぎなどには
十分気をつけてくださいね。

適度な運動
身体に負担のない、
適度な運動は免疫力アップにつながります。

わたしも社会人になってからというもの、
運動と言えば、毎日の通勤くらいです・・・

一駅前で降りて散歩をしたり、
余裕をもって過ごすことも大切ですね。


まとめ


突然、アトピー性皮膚炎を発症したら、
本当にショックを受けますよね。

しかし、そのショックこそ、ストレス!

過度に落ち込まず、
あなたの生活習慣を見直すチャンスと考えましょう。
原因と改善方法を探ることが大切です。


症状がひどい場合や、改善しない場合は、
迷わず、医師に相談をしましょう。

適切な薬を見つけて、早めに対処することが可能です。


スポンサードリンク

 - アトピー性皮膚炎, アレルギー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

花粉症の方必見!マスクをしてもメガネが曇らない裏ワザはこれだ

花粉症の方にとってマスクは必需品ですね。 花粉の侵入を妨げてくれるので、 してい …

子どものアトピーが気になる。肌の赤みの原因と治す方法とは。

日本では、乳幼児から小学生の10人にひとりが、 アトピー性皮膚炎を発症しているそ …