気になる情報

子どものアトピーが気になる。肌の赤みの原因と治す方法とは。

      2016/06/27

日本では、乳幼児から小学生の10人にひとりが、
アトピー性皮膚炎を発症しているそうです。


肌に赤みが出たり、
かゆみの激しい湿疹が全身にひろがり、
数年以上続くことがあります。

深刻な悩みを抱える家族も多い、
アトピー性皮膚炎。


毎日の生活の中で、
アトピー性皮膚炎の症状を
軽減させる方法を探ってみました。

一緒に見ていきましょう。

スポンサードリンク




子どものアトピー性皮膚炎の特徴とは

大人と違って、
毎日、成長する子どもたち。

その成長過程で、免疫システムや
皮膚が大きく変化していることが、
アトピー性皮膚炎に大きく影響しています。

子どものアトピー性皮膚炎は、
生後4ヶ月から3歳児に
発症のピークがくる

と言われています。

にんげんの肌がみずみずしいのは、
「保湿機能」と「バリア機能」の
作用によるものです。

しかし、子どもの皮膚は発達段階にあり、
肌に必要な成分量が不足しているため、
そもそも、外的な刺激による
トラブルを起こしやすい
デリケートな状態だと言えます。

アレルギー性皮膚炎は、
粉をふいたような乾燥した状態になり、
頭皮、顔、耳や耳たぶ、くび、関節の内側と外側などに
赤みや、湿疹、強い痒みを発症します。

患部をかきむしることで、
皮膚はどんどんかたくなっていきます。

特にこどもは、寝ている間など、
知らない間に、強くかきむしってしまう
ことがありますよね。

悪化すると、全身のリンパ節がはれてしまい、
食欲減退や脱水症状を引き起こす可能性もあり、
注意が必要です。

季節のかわり目など、
天候に左右することが特徴です。
乾燥する夏には症状が軽減することが多いですが、
汗をかいてしまうと、悪化してしまいます。

こどものアトピー性皮膚炎の原因はなんでしょうか?

ひとつは、遺伝的な要因です。

家族にアトピー性皮膚炎を発症している人がいると、
発症しやすくなります。

その他、幼少期におけるアレルギー性の強い食べ物の接種、
ダニ、ハウスダスト、花粉、ペットなど、
極度に不衛生な環境も影響しています。




アトピー性皮膚炎の治療方法

一般的な治療法としては、
皮膚に薬を直接塗ります。

症状が軽い場合はワセリンで軽減されます。

夜眠れなくなるほどのかゆみには、
副腎皮質ホルモンが入った
ステロイド外用剤を使います。


アトピー性皮膚炎にとって欠かせない
これらの薬ですが、
どうしても、副作用が気になるもの。

その他、日常生活の中で改善できることもありますので、
あわせて導入していきましょう。

肌を清潔に、保湿を保つ
肌の汚れは、やわらかいベビー用
タオルやガーゼを濡らして、
やさしく、押さえるようにして、
落としていきましょう。

寝起きなど、特に汗をかいているときに
行うと効果がありますよ。

乾燥は、アトピー性皮膚炎を悪化させます。
汚れを落としたら、しっかり保湿。
クリームをぬってあげましょう。

ツメは短く
かきむしってしまう時に、
極度に肌を傷つけないように、
ツメは短く切っておきましょう。

洗濯、石けん、シャンプー
有害な物質が入っている可能性がある、
合成洗剤は避けましょう。
身体に残ってしまうことがあります。

お風呂のときは、できることなら、
シャンプーを使わずに、
お湯で丁寧に洗い流してあげるといいでしょう。

通気性の良い服装
通気性の良い、上下がわかれている衣服を選びましょう。

できるだけ合成繊維を避け、
木綿など肌にやさしい素材を選びましょう。

快適な環境をつくる
ダニが喜ぶのは、ホコリ!

ホコリがたまらないよう、
空気を入れ替え、
1日に1回、掃除機をかけるといいですね。

人がよく集まる場所は、
重点的に掃除をしましょう。

クチに入れやすいぬいぐるみやオモチャなども
こまめに洗って、天日干しにしてください。

食物アレルギーを知る
症状があらわれたら、医療機関で、
アレルゲンとなる食品について検査しましょう。

代表的な例は、卵、小麦、ソバなど。

検査後は、家庭ではもちろん、
外食時にも成分チェックを
欠かさないようにしてください。

まとめ

子どものアトピー性皮膚炎に
悩んでいるお父さんやお母さんから、

「いっそ変わってあげたい・・・」

という言葉をよく聞きます。

子どもはもちろん、そばで支えるご家族も、
ほんとうに大変です。

悩みが積もり積もって、
ストレスになるのは当然です。

しかしながら、そうした家族のストレスを、
子どもたちは敏感に受け取ってしまいます。


極度のストレスが、さらにアトピー性皮膚炎を
悪化させてしまうので、
気をつけなくてはなりません。

家族だけで悩まずに、病院を受診して、
医師の適切な指示に従って、治療していきましょう。


スポンサードリンク

 - アトピー性皮膚炎, アレルギー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

花粉症の方必見!マスクをしてもメガネが曇らない裏ワザはこれだ

花粉症の方にとってマスクは必需品ですね。 花粉の侵入を妨げてくれるので、 してい …

アトピーを自力で治すなら何をしたらいいのか。正しいシャンプー選び方から生活の仕方までまとめ。

痒みが強い湿疹である、アトピー性皮膚炎。 日本全国で悩む人は、 少なくとも日本国 …