気になる情報

お年玉をあげる場合、いつから幾ら位あげるのか平均まとめ!

      2016/07/01

お正月と言えば、お年玉!

我が家は大家族で、甥っ子も姪っ子もたくさんいるので、
まとまるとけっこうな出費ではありますが、
喜ぶ顔を見ると・・・
これも、大人のつとめだと諦めがつきます。

兄弟、姉妹がいる場合、
上の子どもだけあげて、下の子どもにあげない、
というのが意外と難しい場合が多く、
結局、年齢問わず、全員分用意していますが、
本来は、いつからあげるべきなんでしょう?

もらう側から、あげる側になって
何年もたちますが、お年玉について
よくわかっていないことに気づきました。


いったい、お年玉はいつから・幾らあげるべき?

お年玉の素朴な疑問について、まとめました。

スポンサードリンク




お年玉、何歳からあげるべき?

お年玉事情は、地域や家庭によって異なり、
決まったルールはありません。

あげはじけるタイミングについては、
家族や親戚で話し合って、
ガイドラインを決めておくと安心です。


もらった、もらっていない、
というケンカだけは、避けたいですね。

一般的に多いのは、
幼稚園に入る3歳から、お年玉をあげる家庭です。


お金の価値や使い方はまだわかりませんが、
意思疎通がある程度できる年齢ではありますので、
あげはじめてみてもいいのかもしれません。

小学生になると、
ほとんどのご家庭がお年玉をあげています。


お金の価値もわかってきますし、
欲しいものもハッキリ出てきますので、
ちょっとしたお小遣いになります。

中には、生まれたばかりの赤ちゃんにも
あげるご家庭もあります。


本人はわからなくても、
親御さんが貯金することができます。

オムツや衣類など、
なにかとお金がかかる時期ですから
助かるご家庭が多いかもしれません。

実は、意外と判断が難しいのは、
お年玉のやめ時です。


あげはじめた時は気軽な金額なので
特に気にしない人も多いと思いますが、
こどもたちが、高校生や大学生になると、
相場は数万円単位になります。

我が家のようにたくさん甥っ子や姪っ子がいると、
覚悟のいるまとまった金額が必要です。

あげはじめるタイミングとあわせて、
やめるタイミングについても、
事前に家族や親戚で話し合っておくことを
オススメします。





お年玉、幾らあげれば恥をかかない?

お年玉を渡したときに、
「えっ、少ない!」

と思われないようにしたいですよね。
新年早々、恥をかくのはご免です。

年の離れていない兄弟や姉妹などは、
お互いに見せ合ったときに、
ケンカになることもあります。

仲裁に入るのも面倒ですので、
ある一定のルールがあると助かります。

昔からよく言われているのは、

年齢÷2×1000円

という公式です。

たとえば、10歳であれば、5000円。

この公式を使うと、多すぎず、少なすぎず、
妥当な価格がはじきだされます。

一般的には、いくらくらい
お年玉をあげているのでしょうか?

現在の相場を見てみましょう。
地域や、家庭でも異なりますので、
あくまでも参考にしてみてください。

【お年玉の相場】

0〜3歳 1000円
小学生 1000円〜3000円
中学生 3000円〜5000円
高校生 5000円〜1万円
大学生・社会人 1万円〜3万円


注意したいのは、「死」とも読める「4」や
「苦」とも読める「9」など、
縁起が悪いと考えられる数字は、
避けたほうが無難でしょう。


お年玉の渡し方

お店では、かわいいポチ袋が
いっぱい売っていますね。
こどもたちが喜ぶ柄を選びましょう。

うっかり買い忘れたという場合は、
コンビニにもありますよ。

表側には、こどもの名前、
裏側にはあなたの名前を書いておきましょう。

お札は、肖像が内側になるように、
左から右の順番で、折りたたみましょう。
取り出したときに、表が上になりますよ。

新年のお祝い事ですから、できれば新札がいいですね。

お正月は金融機関がしまっていますので、
事前に準備しておくといいでしょう。



まとめ

お年玉の相場を理解できたことで、
毎年悩まずにすみます。

一般的に幼稚園から、社会人になるまで
あげることが多い、お年玉。

そう考えると、けっこう長い年月ですね・・・

頑張って働いたお金ですから、
どうか有意義に使ってもらえますように!

スポンサードリンク

 - お年玉

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

子どもにお年玉をあげる場合、平均していつまであげているのか。

子どもの頃、お正月の最大の楽しみと言えば・・・ 年越しソバや年賀状もありますが、 …

お年玉をあげる意味や由来とは?!なぜお金をあげるようになったのか。

12月に入ると、新年を無事に迎えるために いろいろ準備することがありますね。 年 …