気になる情報

乳歯が虫歯?!初期や治療についてまとめてみました

      2016/06/27

乳歯といえば、あまり虫歯にならない
イメージを持っている方もいるかもしれません。


ですが、小さいうちはお菓子を食べることも多く、
虫歯にもなりやすいので気をつけましょう。

小さなこどもに辛い治療を
受けさせるのはかわいそうですよね。

だからといって、放置しておくと
どんどん状態は悪化してしまいます。

そこで、チェックしておきたい
乳歯の虫歯事情についてご紹介しましょう。

スポンサードリンク




乳歯の虫歯は気づきにくい!

気をつけなければならないこととして、
大人は虫歯と聞いてイメージするものと
乳歯の虫歯は少し違います。

というのも、
乳歯に発生する初期の虫歯は色が黒ではなく、
白いのです。


それから、
永久歯に発生する虫歯に比べると進行が早い
ということも挙げられます。

これは、乳歯が柔らかいということも
関係しているのですが、

気づくのが遅れてしまうと
あっという間に虫歯が広がって
しまうこともあるので注意しましょう。


子どもが痛いと訴えてくれれば
すぐに気づくことができるかもしれませんが、
乳歯の虫歯は痛みが出にくい
という特徴も持っているため、見過ごしがちです。

しっかり親が仕上げの歯磨きをし、
その際に歯の状態を確認してあげると良いですね。




乳歯に派生した虫歯の初期治療について

初期の虫歯は、基本的に削りません。

多くの歯科では
フッ素を塗って歯を強くする
という治療法を選択しています。

ただ、進行が進んでしまい、
虫歯がひどくなった場合には虫歯部分を取り除き、
プラスチックを詰めるという治療をとるのが一般的です。

しかし、乳歯は柔らかくて
削れやすいということもあり、
プラスチックを詰めたとしても取れやすいので
状態は定期的に確認してあげたほうが良いでしょう。

乳歯は、そのうち生え変わるのだから
虫歯になったとしても
放置しておいて良いのでは?

と考えている方もいるかもしれません。

ですが、
歯の中の神経まで虫歯菌が達しやすく、
重症化してしまう可能性も考えられます。


また、その次に生えてくる永久歯に
悪い影響を与えてしまう可能性もあるので、
できるだけ早くに治療に踏み切った方が良いでしょう。

虫歯が神経にまで進行してしまった場合には
神経を取り除くような治療も行わなければならず、
治療は大変なものになってきます。

永久歯の変色に繋がるだけでなく、
歯並びが悪くなる原因にもなってしまうので、
早めに対策を取りましょう。





乳歯の虫歯にいち早く気づくには

なにより大切なのが、
しっかり確認をするということです。

特に、奥歯と奥歯の間は虫歯ができやすいポイント
でもあるので、よく確認してあげましょう。

近年は、歯ブラシのみでは
口の中の汚れを十分に取り除くことが
できないということが知られています。

そこで、デンタルフロスを使用する方法が
おすすめされているのですが、

デンタルフロスをしている際に
なにか引っ掛かる感覚がある場合には
虫歯になっている可能性があるので
歯医者で診察を受けると良いでしょう。

歯磨きを子どもだけに任せていると
虫歯が発生しているのに
気づけないことも考えられます。

一人でしっかり歯磨きができる
年齢だったとしても、
虫歯ができていないか確認してあげましょう。

虫歯ができてしまったということは
歯磨きの仕方を間違えている可能性も高いので、
教えてあげることも重要です。

スポンサードリンク

 - , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

歯にひびが入る歯ぎしりの原因と治療

毎日歯をみがいて鏡でチェックした際、 歯にひびが入っている ということに気が付く …

歯にひびが割れた場合の治療法は?原因は歯ぎしりかも知れない。

朝起きたときに、ぼんやり鏡で歯を見てみたら・・・ なんと、ひび割れを発見してしま …

親知らずを抜歯したあとの痛みの期間はどれ位続くものなのか。

ある日の週末、友人と買い物をしていたら、 奥のほうの歯がズキズキと痛い・・・ た …