気になる情報

熱中症を手早く回復して後遺症を防ぐ!

      2016/07/17

暑い時期に付き物と言えば熱中症、
毎年全国で何人もの方が亡くなられたり、
救急搬送されます。

外で遊んでいたり、
仕事をしていて起こる事が多いのですが、
時として屋内でも発症してしまう事もあります。

体力の少ない乳幼児や高齢者が熱中症になると
重篤な症状になる事も多く、
保護者や介護者による細かいケアが必要になります。

本人が気づかないまま発症していることもありますので、
周囲の人は怪しいと思ったらすぐに応急手当を行ってください。

スポンサードリンク



こんな症状が出たらすぐに治療

軽度では頭痛、体の疲労感、
めまいがあげられます。

これは本人の申告が無いと判断しにくいのですが、

外から見ていてすぐにわかるものとしては、
汗に関する異常があります。

よく熱中症になると汗が出なくなるとされていますが、
実は逆に異常な量の汗をかいた場合も危険なのです。

もし、このような汗の状態になっていたら、
体温をすぐに測りましょう、
もし平熱を超えていた場合にはすぐ手当が必要です。



応急手当の方法は?

軽度の場合には涼しい場所で水分を補給して
休息すれば収まる事が殆どです。

意識が無い、体温が高いなどの重症の場合には、

太い血管が通っているわきの下や太ももの内側、
首すじなどの場所を冷やしてください。
自宅ならばお風呂で冷水をかけるのも効果的です

もし外出中で冷やすものが少ししか用意できない場合には、
首の血管を冷やすのを最優先にしてください。

これは脳のダメージを極力減らすために行いますが、
内臓にもダメージが蓄積していきますので、
そのような場合にはすぐ救急車を呼ぶか、
病院への搬送を行いましょう。

 

症状によってはすぐに病院へ

意識が無い、高熱が出ている、
けいれんを起こしている、
これらの症状が出た場合にはすぐに救急車を呼びましょう。

家庭で冷やすだけでは既に治療が難しい場合もあり、
脳などに既に障害が起きている可能性があります。

勿論悪化を防ぐため氷などで冷やす事は大事ですので、
通報と応急手当を並行して行ってください。

 

体力を過信せずにしっかり予防を

体力がある方でも、睡眠不足や
前日の飲酒などで熱中症になりやすくなります。

体調がいい時でも、水分補給や体温管理などを
サボってしまうと発症する事があります。

実際に、スポーツ選手でも状況次第では
熱中症で倒れてしまう事もありますし、

夏場の部活動などで倒れた
という話はいくらでもあります。

こまめな水分、ミネラルの補給や、
通常より多めの休息を採るなどして熱中症の予防に努めましょう。

スポンサードリンク

 - 熱中症 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

暑いのに眠気が・・・それは熱中症のせいかもしれません。

屋外で汗をかいているのに何故か あくびが出たり眠気を感じたり。 最近暑くてあまり …

熱中症を回復する方法とは?!

毎年、熱中症による事故がテレビで取り上げられます。 ですが、どこか自分には関係が …

眠気、吐き気、頭痛を感じたら。それは熱中症かもしれません。

真夏の暑い時期だけと思われがちな熱中症、 実は梅雨に入る前の時期でも 起きること …

熱中症の予防にはクーラーを!室内での発症は危険!

梅雨明けから残暑まで危険が続く熱中症、 最近では屋内に居たのに発症する というニ …

no image
ポケモンGO使って集客 武蔵新城駅南口の商店街が実験へ 08.04 16:40神奈川新聞

ポケモンGO使って集客 武蔵新城駅南口の商店街が実験へ (神奈川新聞) &#82 …

熱中症はクーラーをつけてても危険ってホント?

熱中症といえば、外で起きるものだと 思っている方は多いのではないでしょうか。 で …