気になる情報

梅雨の言葉の意味は?

      2016/07/23

梅雨の由来ってどこから来たのでしょうか?
梅が咲く時期に降る雨?と思った方は半分正解です、
梅の木は3月頃に花を咲かせ、6月頃に実が熟します。

梅の実が収穫できる季節に降る雨だから梅雨と言います。

なんだかすっきりと解決したように思えますが、
他にも由来と言われているものがあるので、
正解ではないかもしれません。

スポンサードリンク


もう一つの由来は?

梅雨という単語には読み方が二つあり、
つゆの他には、ばいうとも言います。

天気予報では梅雨をもたらす前線のことを
「ばいうぜんせん」と言っているのを
聞いたことがあるのではないでしょうか?

この「ばいう」これがもう一つの由来なのです。

 

梅雨=黴雨?

そもそも梅の字を「ばい」
と呼ぶのは違和感がありませんか?

ちなみにこれは中国読みだそうで、
大昔に日本に入ってきた言葉だそうです。

日本に来た時には既に梅雨でしたが、
元々黴雨と呼ばれていたそうです。

カビが増えやすくなる雨の時期なので黴雨。

これをカナで表記すると「ばいう」と読みます。

もうお分かりかもしれませんが、黴雨と梅雨では読み方が同じです。
黴雨では見栄えが宜しくないとの事で、
同じ読みだった梅の字を当てたという説なのです。

 

言葉が日本に入ってきた時期は?

中国から伝わったと言いましたが、
日本に伝わったのは平安時代だそうです。

この頃の俳句や短歌には既に季語として使われています。

その前には長雨と呼ばれていたそうで、
今でも地方によっては「ナガメ」なんて
方言が残っていることもあります。

その他には「五月雨」という言葉もあります。

丁度近い時期の雨を表現する言葉ですね。

色々な梅雨

梅雨と言えば6月のイメージがありますが、
季節の変わり目の長雨には全て梅雨という別名があります。

秋冬の間にはさざんか梅雨、
秋にはすすき梅雨、時雨とも言いますね。

春は菜種梅雨と言います、梅が咲く時期に降るので、
個人的にはこっちが梅雨っぽいと思うのですがいかがでしょうか?


 

梅雨の時期を季節ととらえる感覚?

日本の季節は春夏秋冬ですが、
梅雨を季節として感じる事はないでしょうか?

春が来て長雨があり、夏が来る、
こんな感覚はありませんか?

実際に昔は5月から7月までを
一つの季節としていました。

ちょっと時期的には梅雨とずれているような
感じもしますが、
大体梅雨がすっぽり入るか入らないかぐらいです。

ですので、日本人が梅雨をひとつの
季節として感じるのは別におかしくはないのです。

スポンサードリンク

 - 季節の疑問 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

梅雨の意味とは?なぜ毎日のように雨が降るのか。

日本は四季があり、 とても美しい国だと言われます。 ですが、梅雨のじめじめとした …

梅雨の時期はやけに眠い。対処法はないの?

梅雨の時期になるとなぜか毎日眠い… と悩んでいる方も多いようです。 これには理由 …

梅雨はいつから始まっていつ終わる?

毎年憂鬱な梅雨ですが、 大体どれぐらいの時期になると梅雨入りするのでしょうか? …

梅雨が原因の体調不良、どうやって治す?

長い間雨が続いて湿気が多い、 なんだか体の調子も悪く感じる。 気分が滅入っている …

梅雨は体調不良が続く。その理由って?

梅雨の時期になるとどうしても 体調を崩してしまうという方が多いようです。 ですが …

梅雨になると眠いのは当たり前!?

梅雨の時期になると、 一日中だるさを感じたり、 眠気が続いたりしませんか? 気候 …

秋は食欲がなぜ増えるのか?秋に食べ過ぎない秘策とは。

秋といえば、食欲の秋という言葉が あるほど食欲が増える時期でもあります。 つい調 …