気になる情報

熱中症を回復する方法とは?!

      2016/07/12

毎年、熱中症による事故がテレビで取り上げられます。

ですが、どこか自分には関係がないことだと
思っている方も多いのではないでしょうか。

熱中症にかかっている多くの方は
そのように考えています。

いざ熱中症の症状が出てから
対策を調べようと思っても難しいので、
症状が出てしまった際に回復するには
どうしたらいいのかく知っておきましょう。


自分自身が熱中症にかかってしまった場合だけでなく、
周りにそのような症状の方が現れてしまった場合にも
素早く処置することができますよね。

スポンサードリンク


そもそも熱中症とはなに?

熱中症といえば、炎天下で過ごしている際に
起こる症状だと思っている方もいるかもしれませんが、
近年はクーラーの効いた室内でも発生してしまう
ということが知られています。

熱中症とは暑さが原因で現れる
障害のことを言うのですが、
最悪の場合、適切な処置をしなければ
死に繋がってしまうこともあります。


太陽光が原因に含まれるものは
日射病とも呼ばれ、熱中症と同じく危険です。

熱中症の症状は、意識を失って
倒れるということだけではありません。

例えば、何となくだるい、
吐き気がするといったことも熱中症の初期症状なのです。


こういった症状にいち早く気づき、
回復のための対策を取ることが重要になってきます。

一般的には、熱射病(日射病)
と呼ばれる体温の上昇から始まり、
適切な処置をしなければ徐々に症状が悪化していきます。

 

熱中症の回復方法

少しでも異常に気づいたら、
速やかに涼しい場所で安静
にしましょう。

ただ休むだけでなく、水分を摂取することが重要です。

ここで注意しなければならないのが、
ただ水を飲んでしまうと汗をかいたことで
失った塩分を補うことができず、
症状が改善しなかったり
熱痙攣といった症状に繋がってしまう

場合があります。

そのため、スポーツドリンクや食塩水を取り入れ、
水分と塩分の両方を摂取していくことが大切です。

症状がひどい場合には内科を受診し、治療を受けましょう。

病院に行くほどではない場合は
風通しの良い日陰やクーラーの効いた部屋で安静にし、
氷嚢などを使って首の周囲や脇の下、首の周囲を冷やします。

たかが熱中症だと甘く見てはいけません。

命を失ってしまう場合もあるので、
吐き気や意識障害がある場合は速やかに救急車を呼び、
治療を受ける必要があります。


 

熱中症を予防する方法

熱中症が起きてしまった場合に
回復する方法についてご紹介しましたが、
何よりも重要なのは予防をするということです。

まず、普段から体調を整えておくようにしましょう。

睡眠不足の状態や体が疲れている状態では
ちょっとした暑さでもすぐに
熱中症になってしまうことがあります。


それから、こまめに水分補給をすることが重要なので、
汗をかいていなくてもしっかり水分補給をしていきましょう。

水分補給といってもジュースでは意味がありません。

また、服装にも注意が必要です。

通気性の悪い服を着てしまうと熱気がこもってしまうため、
通気性の良い服を着て、外出する際には帽子をかぶった方が良いですね。

小さなこどもや高齢者の方は
特に熱中症になりやすいので注意しなければなりません。

体調がすぐれない日や暑さが厳しい日は
外出を控えることも検討した方が良いでしょう。

スポンサードリンク

 - 熱中症 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

熱中症はクーラーをつけてても危険ってホント?

熱中症といえば、外で起きるものだと 思っている方は多いのではないでしょうか。 で …

熱中症を手早く回復して後遺症を防ぐ!

暑い時期に付き物と言えば熱中症、 毎年全国で何人もの方が亡くなられたり、 救急搬 …

no image
ポケモンGO使って集客 武蔵新城駅南口の商店街が実験へ 08.04 16:40神奈川新聞

ポケモンGO使って集客 武蔵新城駅南口の商店街が実験へ (神奈川新聞) &#82 …

暑いのに眠気が・・・それは熱中症のせいかもしれません。

屋外で汗をかいているのに何故か あくびが出たり眠気を感じたり。 最近暑くてあまり …

眠気、吐き気、頭痛を感じたら。それは熱中症かもしれません。

真夏の暑い時期だけと思われがちな熱中症、 実は梅雨に入る前の時期でも 起きること …

熱中症の予防にはクーラーを!室内での発症は危険!

梅雨明けから残暑まで危険が続く熱中症、 最近では屋内に居たのに発症する というニ …