気になる情報

ご飯1合のカロリーとダイエットに適切な量

      2016/07/24

夏も近づいてきているし、
そろそろダイエットを始めよう
と考えている人も多いと思います。

ダイエットをするときに重要なのは運動と食事です。

しかし、

食事の量を極端に減らした減量は
リバウドしてしまう可能性や肌荒れなどに繋がってしまうことが考えられます。

食事に気をつけることは当然ですが、
炭水化物や脂質なども適度に取りながら痩せていくことが理想的ともいえます。

スポンサードリンク


食事とダイエットの注意点

食事を食べるときに注意したいのがご飯です。

ご飯は炭水化物なので
糖質になりやすく脂肪に繋がるため食べない
という人もいますが、

これは身体がエネルギー不足になってしまう
ことがあるため注意が必要です。



ダイエットに重要なのがご飯を含めたカロリー量です。

生白米は1合約150gになります。

この生白米を水と一緒に炊飯すると約2.2倍に増加し、
ご飯が1合で約330gとなるといわれています。

米100gを炊飯すると220gになり、220gは356kcalとなります。

これを基準に1合分330gは534kcalです。


一般的に茶碗1杯は平均的に150gのご飯が入っているとされています。

つまり毎食茶碗1杯150gを摂取していると242kcalとなります。

女性の場合で考えると
茶碗1杯で1日の摂取カロリーの約15%を摂取している計算となります。

適切な炭水化物の摂取割合は55〜60%で、
1食500kcalを摂取している場合には
茶碗1杯を三食食べると丁度いいと考えられています。


意外と知らない米とカロリーの関係

米はパンに比べて脂質が少なく、
粒状になっているため
噛まなければ飲み込めない食材です。

噛むという行為が満腹感になり、
食べ過ぎを抑えてダイエットに繋がります。



古くから主食となっていた米が
減量に向いていないというのではなく、

現代の高カロリー高脂質の食事こそ
問題であるということが多いのです。

食の欧米化が肥満の原因とも考えられています。


食事をするときには、ご飯に雑穀を混ぜることで
カロリー自体は減りませんが、食物繊維を摂ることができて
腸の動きを良くして便秘解消をしたり、
満腹感を感じやすくする、栄養価が高くなり、
美容効果で美しく痩せることができるようになるなどの工夫をすること。

そして、食事を見直して、野菜を多く摂るようにして、
なるべく高タンパク低カロリーな食事を
心がけていくことが効果的だとされています。


理想的な食事としては、
やはり和食がおすすめだといわれています。


また、良く噛んで食べること意識することも大切です。

スポンサードリンク

 - ダイエット , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ご飯はカロリーが高い?1合でどれ位?ダイエットにちょうどいい量とは。

ダイエットしている際には、 できるだけご飯を避けているという方も いるのではない …

腰回しダイエットは簡単で続けやすいってホント?効果も期待できる?

夏がやってくると、 どうしても露出が高いファッションが増えますよね・・・ 最近、 …