気になる情報

歯にひびが入る歯ぎしりの原因と治療

      2016/07/25

毎日歯をみがいて鏡でチェックした際、
歯にひびが入っている
ということに気が付くことがあります。

なぜ歯にひびが入っているのか、
自分では原因に心当たりがないという場合が多いですが、
意外な原因として考えられるのが、歯ぎしりです。

スポンサードリンク


歯ぎしりとその原因

これは、寝ている間に
無意識のうちに歯をこすり合わせることによって、
エナメル質がすり減っていくだけではなく、
上下の歯がぶつかるために、衝撃や振動が引き起こされ、

そのことによって、
表面にひびが入ってしまうことがあるわけです。


このような、歯ぎしりの症状を引き起こす原因として、
一番に考えられることは、精神的ストレスが一般的とされていますが、
治療をおこなうことも可能になっています。


歯ぎしりは、寝ているあいだに起こるわけですから、
自分の意志でどうにかなるものではありませんので、
物理的な強制器具のようなものを付けることが理想的とされていますが、
その強制器具とはマウスピースです。

このマウスピースを歯に装着することによって、
歯ぎしりによってかかる衝撃を和らげる治療を行う事ができます
ので
歯にひびが入るのを防ぐことができるわけです。


歯ぎしりの改善策

具体的には、自分に合ったマウスピースを
装着することが必要になってきますので、

まず初めに、
口の中の歯の型をとる事から始めるわけですが、

型を取り終わって
自分専用のマウスピースが出来上がったあとは、
寝るときに装着して就寝するだけです。


このマウスピースを装着して就寝すれば、
これまではエナメル質に負荷がかかっていた衝撃が
緩和されることになりますので、ひびが入らなくなりますし、
場合によっては、噛み合わせも良くなるという効果が期待できますので、
多大なメリットがあるということがわかります。


これはきわめて合理的な治療方法になっていますし、
効果もあらわれていますので、医師もおすすめする治療です。


これまで身体の不調の原因がわからなかったという方も、
マウスピースを装着するという治療をおこなうことで、
調子が良くなってきたというケースも実際にありますので、
歯ぎしりで悩んでいるという方は、いちど試してみることをおすすめします。


マウスピースを作成するには、デンタルクリニックで行っていますし、
健康保険も適用することができますので、
誰でも気軽に作成することができるようになっています。


しかも寝る前に装着するだけの簡単なものですから、
面倒なことは一切ありません。

スポンサードリンク

 - , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

歯にひびが割れた場合の治療法は?原因は歯ぎしりかも知れない。

朝起きたときに、ぼんやり鏡で歯を見てみたら・・・ なんと、ひび割れを発見してしま …

親知らずを抜歯したあとの痛みの期間はどれ位続くものなのか。

ある日の週末、友人と買い物をしていたら、 奥のほうの歯がズキズキと痛い・・・ た …

乳歯が虫歯?!初期や治療についてまとめてみました

乳歯といえば、あまり虫歯にならない イメージを持っている方もいるかもしれません。 …